<   2005年 10月 ( 23 )   > この月の画像一覧
WEATHERCOCK

EOS-1Ds Mark2
EF600mm

アンテナの先端に留まったカラス。
出来れば両足でつかまりたさそうでしたが、
さすがにそれは叶わなかったようで。


人気ブログランキングへ←気に入って頂けたらクリックして下さい。
[PR]
by oshokuji7 | 2005-10-30 23:43 | 谷津干潟
QUEEN+PR(クイーン+ポール・ロジャース) コンサートレポート
今家に着きました。
QUEEN+PR(クイーン+ポール・ロジャース)の簡単なコンサートレポートを書きます。



結論から言うと、期待を遙かに上回ったコンサートだった。
席がかなり良かったというのもあるけど(Iちゃん、ありがとう!)
大事なことは、QUEENであれど、フレディーがいた時代のQUEENとは別物であるということ。
そして、そのどちらが良いかという議論は実に馬鹿げているということ。
「やっぱフレディーいないとQUEENはダメだよな」なんて言っている人は、
机の上だけで物事を考えて、真実を知ろうとする勇気のない人だ。
その証拠に、実際にコンサートに行った全てのフレディーの熱烈ファンに聞いてみるといい。
1人として、そんなこと言う人はいないはずだ。
そのようなSHOW (MUST GO ON)だった。




【おいしい】
アコースティックのコーナーで、ブライアンがLONG AWAYをワンコーラスやりましたね。
これはサプライズですよ!
そして、「ほんの練習だよ」のひと言。
あれはおいしかった。

【教育的指導】
ファンに、教育的指導!
'39で、いきなり表打ちの手拍子やめようよ。
日本人特有なんだよね、あれ。
ノリが全く変わっちゃうんだよ。

【ブライアンの涙】
お決まりだけど、LOVE OF MY LIFE。
僕は、これが一番良かった。
いつもは、フレディーとブライアン。
今回は、ブライアン1人。
「フレディーのために歌うよ」と。
そしてブライアン、涙を流していたね。
演奏終えてからも、感無量の表情で、天を見上げ、涙を拭っていた。
さて僕は、まるでブライアンと二人っきりになったような錯覚を起こしていた。
ブライアンのギターで自分1人が歌っているような。
ただただ気持ちいい時間だった。

【(笑)】
今回、メンバーは結構日本語をしゃべったが、一番受けたのが
ブライアンの「いらっしゃいませ〜、いらっしゃいませ〜」。
いったいどこで覚えたのだろう?

【ライティング】
「華麗なるライティングショー」は健在だった。
特に、A KIND OF MAGICは、まさに照明の魔法。
横浜アリーナが、プロモに出てくる古城に変化したのだった。
ライティングに関しては、プロのwankoさんが、詳細に書かれているので、ご覧下さい。

【ドラムソロ】
ドラムソロになって、「さあ、休憩だ」と座ったのだが、このドラムソロが楽しかった。
ソロでありながら、クイーンの曲を叩いているようでもあった。
そして、I'M IN LOVE WITH MY CARへ。
圧巻。

【再現】
LAST HORIZONかギターソロの時、イギリス国内をドライブしている映像が出ましたね。
着いた先は、バッキンガム宮殿!
そして、その屋上の映像が映し出された時、ブライアンはスクリーンの前に立ちギターを弾く。
これ、女王即位50周年コンサートで、ブライアンがバッキンガム宮殿の屋上で、
いきなりGOD SAVE THE QUEENを弾いて登場したシーンの再現という意味なんですよね。
あの時の、ブライアンの「どう?この演出、面白いでしょ!」といった表情がお茶目でよかった。


ブライアンのギターとか他にもあるけど、どう表現していいかわからないので、
上手く表現できるようになったら、後から書き加えたいと思う。
今回のコンサートは、大きくロック部とアコースティック部に分けられるが、
アコースティック部(つまりブライアンのギター1本)の比重が多かったと思う。
オリジナルでは、ピアノだったり、ロックアレンジの曲もアコースティックギター1本で演奏された。
そして、アコースティック部では、舞台のせり出した部分で演奏するので、
ものすごく親近感を覚えた。

フレディーは確かにいない。
しかし、フレディーがいれば、これだけロジャーとブライアンのリードボーカルは
聞くことが出来なかった。
ポールのボーカルは正直言って、I WANT IT ALLを除いては、しっくり来ていなかった。
上手いのはわかるが、ポール節はQUEENのメロディーに合わない。
でも、彼には“華”と“色気”があった。
それが、歌がしっくり来ない部分をある程度救ったのだった。

終わってから、新横浜駅で少し水分補給したのち、急にラーメン博物館に行きたくなった。
腹一杯なので、ラーメンは一杯しか食べられなかったが、面白いところだ。
食べたラーメンは、札幌の欅。
札幌では50分待ったけど、今回は5分待ちで食べられた。
う〜む、あのスープは深みがある。
人気があるのも理解できる。




EOS1D Mark2
EF16-35mm
ISO1600

お気楽生活
マウスでお絵かき
SMILE RADIO GA GA
生きていくワタクシ
J-WAVE密着ブログ
魔女っ子くろちゃんの気になるあれこれ

人気ブログランキングへ←気に入って頂けたらクリックして下さい。
[PR]
by oshokuji7 | 2005-10-30 00:28 | スケッチ
富士山食(Fuji Eclipse) ダイヤモンド富士





昨日は、家から見て、富士山の真上に太陽が沈む日だったんです。
しかし、急いで家に戻ったら、まさに太陽は富士山の真上!
まさに半分隠れている状態でした。
三脚をセットしたときには、もう、太陽は消えていました。

そして、今日は、頂上に半分かかるかな?と準備万端で撮影に臨みましたが、
もうダメでした。
チャンスは1日しかなかったのです。

富士山の姿は見えないのですが、太陽が欠けていく現象で、
そこに富士山があるとわかるのです。
これを私は富士山食(Fuji Eclipse)と呼ぶことに決めました。

食と言えば、このチョコレートホテル、すごいです!
なんか夢を実現させたようなホテルです。
続編もあるようなので、楽しみです。




人気ブログランキングへ←気に入って頂けたらクリックして下さい。
[PR]
by oshokuji7 | 2005-10-28 23:58 | 谷津干潟
SEIKO


EOS-1D MARK2
EF70-200 IS

いよいよ明日からクイーン+ポール・ロジャースの公演が始まりますね。
さっき、明日撮影するカメラマンから電話がありましてね、
「何とか3人が絡んだ写真が撮れないものかと」。
こればかりは、なんとも言えないんですよね。
セットリストによっても、全く違うし。
この1件以降、大見得を切らないようにしているのです。
ファンが見たいのはブライアンとロジャーですからね。
頭を悩ますところです。


人気ブログランキングへ←気に入って頂けたらクリックして下さい。
[PR]
by oshokuji7 | 2005-10-26 00:04 | 谷津干潟
LONG TIME NO SEE!
おしさしぶりの更新です。
このところ、忙しく、メールのお返事を書くのがやっとでした。
御心配おかけしました。




EOS-1Ds Mark2  EF600mm
なんかソラリゼーション☆彡起こしたような色調ですなぁ。



go to 人気ブログランキング←気に入って頂けたらクリックして下さい。
[PR]
by oshokuji7 | 2005-10-25 01:44 | 谷津干潟
背番号19が復活
夕刊フジによれば、野村克也氏が楽天の監督を受諾し、背番号は現役時代と同じ「19」をつけることになるという。
出来れば南海ホークスのグリーンのユニホームがよかったのだが、球団がなくなってしまった以上(現在はソフトバンク)、楽天イーグルスの赤いユニホームで満足しなければならない。
来春の楽天キャンプは、長嶋茂雄氏が背番号3をつけて臨んだ宮崎キャンプのような、激しい取材合戦が行われることは必定だ。

「お食事セブン」背番号3撮影関連サイト
2000年ジャイアンツキャンプ
3番お披露目のシナリオ と衝撃の事実


写真ブログの人気ランキングへ←気に入って頂けたらクリックして下さい。

優勝してもしなくても……
[PR]
by oshokuji7 | 2005-10-20 19:59 | ブツ
SCARBOROUGH FAIR


た、大変なことになりました。
友人からもらったバジルが虫に食われてしまったのです_| ̄|○
虫を探して、こてんぱんにしてやろうと思いましたが、虫はもういませんでした。
もしかして、土の中?

確かに水はほとんどあげていませんでしたが、このところ雨が続いていたので安心はしていました。
まさか、虫に食われるなんて。

でも、「農薬を使ってないから虫がでるんだ。植物とはこうでなけりゃ」と突如思考をプラスに変更し、今日もゆく岡本代表でした。
(はじめに断っておきますが、私はB型ではありません)






ブログランキングへ←気に入って頂けたらクリックして下さい。
[PR]
by oshokuji7 | 2005-10-20 18:25
WATCHING YOU

なんとロッテ・マリーンズが32年ぶり優勝。
そうそう、32年前の日本シリーズは覚えてますよ。
セ・リーグの覇者は中日でした。
あれは、盛り上がらない日本シリーズでした。
ただ、両チームのユニホームだけは格好いいと思いましたね。

┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳

ヤクルトの古田敦也氏が、選手兼監督を正式に受諾。
選手兼監督は、野村克也氏以来29年ぶりだそうです。
これで、密かな楽しみがまた1つ出来ました。
それは
「日本シリーズで、野村・楽天との師弟対決」
最下位争いをしていたロッテや阪神も優勝したのだから、あり得ない話ではないと思います。




中国GP、フジテレビ721で見ました。
映像を見てまずびっくり。
ここはバーレーンかい?砂漠でレースやってるのかい???
と言いたくなるほど、砂が舞っていましたね。

今回は、日本GPの反省を生かし、先に結果を調べずに見ました。
レース自体はつまらなかったです。
アロンソの優勝だし。
チェッカー後、無線で「we are the champions」を熱唱してたけど、感動はなかったです。
やっぱりF1はドライバーズタイトルの争いでなくては。
コンストラクターズはおまけみたいなものですね。
そう言う意味で、ブラジルGPを見なかったのは痛かったです。
あの頃は、忙しかったしなー。

それにしても、ひどいのがモントヤ(モントーヤ)のリタイアを引き起こした排水溝のフタ。
あのフタが、ドライバーに当たっていたら、大惨事につながっていたはずです。
モントヤはサバサバしていましたけど。

モントヤって、熱血漢というイメージがありますけど、
リタイア後って、いつもさばけている印象があります。
今回の件、ドライバーによっては、運営者側に抗議したと思います。

印象的だったのは、ニューヨーク同時多発テロ直後、イタリアGPの木曜記者会見でのこと。
各ドライバーが沈痛な表情を浮かべて、テロについての感想を話していたのですが、
モントヤだけは違いました。
彼のコメントはこうでした。
「僕の国では、日常的に爆発だとか、戦争が起きている。
平和な国に住んでいる人にとってはショックかもしれないけど、
僕にとっては今回の事は特別驚いてはいないよ」

ドライバーやチームが抗議するしないにかかわらず、
中国GPでの1件について、運営者は相当真摯に受け止めなければならないと思います。
1級方程式は草レースとは違うのですから。





写真ブログの人気ランキングへ←気に入って頂けたらクリックして下さい。
[PR]
by oshokuji7 | 2005-10-18 00:25 | 谷津干潟
YOU MAKE ME ROCK HARD






前にも載せましたが、ギブソンのエース・フレーリー・シグネチャーモデルです。





写真ブログの人気ランキングへ←気に入って頂けたらクリックして下さい。
[PR]
by oshokuji7 | 2005-10-16 20:53 | 音楽
INTO THE VOID





写真ブログの人気ランキングへ←気に入って頂けたらクリックして下さい。
[PR]
by oshokuji7 | 2005-10-15 22:26 | 谷津干潟


記事ランキング
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
検索
カテゴリ
全体
中日
谷津干潟
三番瀬
スケッチ
音楽
グルメ
ブツ
出版
機材
留学生
海外もの
香澄公園
ヘアスタイル
手賀沼
天売島
印旛沼
佐倉城址公園
茜浜緑地・茜浜緑道
六義園
小石川後楽園
野川
山中湖
大石寺
わに塚
佐倉ふるさと広場
目黒川
谷津バラ園
千鳥が淵
横浜
袖ヶ浦公園
千葉市花の美術館
葛西臨海公園
韓国
木更津
千葉市動物公園
大草谷津田いきものの里
日高巾着田
幕張の浜
上野動物園
文京シビックセンター
都庁
新宿御苑
聖路加タワー
足立区都市農業公園
本埜村
LaQua
丸ビル
キャロットタワー
タワーホール船堀
若洲海浜公園
横浜みなとみらい
習志野梅林公園
稲毛海岸
上野公園
千葉公園
吉高
相模湖
お台場
スカイツリー
甲府
吾妻橋
駒形橋
十間橋
業平橋
一之江
その他
小石川植物園
厩橋
生谷
アイリンクタウン
サンシャイン60
フジテレビ球体展望室
東京ゲートブリッジ
東京タワー
隅田公園
六本木ヒルズ
アークヒルズスペイン坂
青葉の森公園
銀座
上野動物園
川村美術館
大船渡
いわき
鷺沼公園
東京工業大学
日暮里富士見坂
練馬区役所
東久留米富士見テラス
霞ヶ浦
北海道
木遣り橋
豊洲
京成バラ園
香澄公園
羽田空港
ユーカリが丘
上高下
未分類
田貫湖
山中湖
地獄谷野猿公苑
相生山
秩父
鴨川
折爪岳
久慈
甘利山
精進湖
国立競技場
池袋
渋谷橋
以前の記事
2017年 04月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 02月
2016年 01月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 07月
2004年 06月
ライフログ
タグ
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧