23.12.10 パール富士 房総半島最南端から
世の中の人たちが皆既日食で興奮の坩堝に陥る17時間前、月にまつわる極めて幻想的な写真を撮っていました。





富士山頂に満月が沈む現象、すなわち「パール富士」です。

実は東京新聞の特報面に田代博先生のコメントで、10日、11日に箱根でパール富士が見られるとあったので、さっそくネットで箱根から富士山が見える場所を必死に探し、さらにその場所でパール富士も観測できることを確認しました。
そこで、箱根に行く準備をしようとしたのですが、箱根から見る月は、富士山と比較して小さく見えるため、どこかもっと遠いところでパール富士を撮れるところがあるんじゃないか?と血眼になって探し、ついに房総半島最南端で大きな月のパール富士が撮れるところをつきとめたのでした。

そんなわけで、習志野から館山市まで120kmを、ハスキーのハイボーイとカメラをかついで原付で行くことにしました。

夜中の0時半に出発。
かなり防寒対策はとったのですが、普通でない寒さです。
手袋三枚重ねでも手がじんじんします。
膝も凍りつくようです。
あまりのつらさについに1度目のピットイン(コンビニ休憩)。
15分くらい店内をうろつきながら暖を取り、缶コーヒーと貼るホカロンを購入。
膝と胸にペタペタとホカロンを貼り、再び出発。

しかし、この貼るホカロンというのもこの寒さではまったく効果なし。
泣きたくなります。
そんな中で、心を元気にしてくれたのが、右手に見える京葉工業地域の夜景です。
これは綺麗でした。
さらにアクアラインを通過。
富津岬の看板も見えてきました。
さすがにここまで来ると、引き返すという弱い心もなくなり、もう前に進むしかなくなりました。

浜金谷のフェリー乗り場を過ぎ、小学生の時に登山した鋸山。
南房総市に突入。
この南房総市というのは、名前だけで暖かい感じがするのでありがたい。
館山市に入ると道がわからなくなり、しばらく右往左往する。
海沿いの道を行きたいのに、なぜか410号に来てしまう。
これ以上道を探す気が起きないので、410号をひた走ることに。

この頃、不思議と気温が少し上がったことを体で感じる。
おそらくさっきまでは、0度くらいではなかったかと思います。
それが2度、3度になったように思えます。

そしてフラワーラインに突入。
このフラワーラインは、日本の道100選に入っているという看板が見えた。
ぜひ温かいときに走ってみたいものです。

そして、原付で走ること4時間40分。
ついに目的地に到着したのでした。
茶褐色に月が輝き、海面を照らしています。

ダイヤモンド富士であれば、太陽が富士山頂の50%隠れるスポットを求めるのに対し、今回は、富士山頂の上に月がポッカリ乗っているような絵を撮りたかったので、そのため探した場所なのです。

さて、と。

月が沈むまでまだ少し時間がありそうですが、富士山は見えません。

そこで閃きました。

見で見えなくても写真になら写るかもしれない、と。

c0010111_2384415.jpg

(5時20分)
やりました!
富士山、写っていました。
これで苦労が報われるというものです。

撮影場所や構図を色々試してみます。
なんてったって、ファインダーで富士山が見えないので、構図を掴みづらいのです。
結局、富士山も大きく撮りたいし、海面の輝きも入れたいので、縦位置で撮影することに決定。
c0010111_23115862.jpg


そして5時50分、計算どおり月が富士山頂に載ってくれたのです。
c0010111_23155614.jpg

露光時間は6秒。船の軌跡が写っています。

これは上の写真をトリミングしたものです。
c0010111_23172073.jpg

まるで太陽のように赤い月ですが、ホワイトバランスはずっとDaylight(太陽光)のままです。

c0010111_23223352.jpg

5時52分。
太陽が富士山頂を過ぎてくれれば、余裕も出てきます。
これは少し絞って30秒で撮りました。
色も青みが出てきていますね。

c0010111_23245999.jpg

5時53分。
横にしてみました。

その後、富士山が紅く焼けるのを待ちましたが、紅くならないので、6時20分に撤収を決意します。

現地にいる時間は1時間。
再び4時間30分の道のりを戻ることに。
往路に比べれば寒さはかなり和らいだものの、眠気とも戦いながらの復路になりました。

しかし、左手にずーっと富士山が見えるので、チラチラ見ながら原付を走らせていました。
正直、館山から富士山が見えるというのはとても意外でした。
「古くからどれだけ多くの人たちが、この富士山を見てきたのだろうか」と思うとき、胸に熱いものが込み上げてくるのでした。

人気ブログランキングへ

 
[PR]
by oshokuji7 | 2011-12-10 01:26 | その他
<< 23.12.10 皆既月食とス... 23.12.06 六義園紅葉 >>


記事ランキング
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
検索
カテゴリ
全体
中日
谷津干潟
三番瀬
スケッチ
音楽
グルメ
ブツ
出版
機材
留学生
海外もの
香澄公園
ヘアスタイル
手賀沼
天売島
印旛沼
佐倉城址公園
茜浜緑地・茜浜緑道
六義園
小石川後楽園
野川
山中湖
大石寺
わに塚
佐倉ふるさと広場
目黒川
谷津バラ園
千鳥が淵
横浜
袖ヶ浦公園
千葉市花の美術館
葛西臨海公園
韓国
木更津
千葉市動物公園
大草谷津田いきものの里
日高巾着田
幕張の浜
上野動物園
文京シビックセンター
都庁
新宿御苑
聖路加タワー
足立区都市農業公園
本埜村
LaQua
丸ビル
キャロットタワー
タワーホール船堀
若洲海浜公園
横浜みなとみらい
習志野梅林公園
稲毛海岸
上野公園
千葉公園
吉高
相模湖
お台場
スカイツリー
甲府
吾妻橋
駒形橋
十間橋
業平橋
一之江
その他
小石川植物園
厩橋
生谷
アイリンクタウン
サンシャイン60
フジテレビ球体展望室
東京ゲートブリッジ
東京タワー
隅田公園
六本木ヒルズ
アークヒルズスペイン坂
青葉の森公園
銀座
上野動物園
川村美術館
大船渡
いわき
鷺沼公園
東京工業大学
日暮里富士見坂
練馬区役所
東久留米富士見テラス
霞ヶ浦
北海道
木遣り橋
豊洲
京成バラ園
香澄公園
羽田空港
ユーカリが丘
上高下
未分類
田貫湖
山中湖
地獄谷野猿公苑
相生山
秩父
鴨川
折爪岳
久慈
甘利山
精進湖
国立競技場
池袋
渋谷橋
以前の記事
2017年 04月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 02月
2016年 01月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 07月
2004年 06月
ライフログ
タグ
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧